<< ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅱ おいしいものの記憶 ~玉英堂彦... >>

ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅰ

以前、在籍していた会社はまさに食いしん坊の集団でした。
みんな忙しく仕事をしていたのですが、食べて楽しむことには貪欲で。。。
会社を休まずに美味しいゴハンを食べに行くツアーを
後輩くんたちが企画してくれて行っていました、ソウルへ。

2泊3日で金曜夜仕事終わりの羽田発
月曜早朝羽田へ帰国してそのまま仕事へ…。
みんな大した体力です(笑)

ツアコンなみにアテンド上手な後輩くん。
『このツアーではメインの食事は6食しか食べられないから
いかに美味しいものを食べるかが課題なんです!!』と
仕事以上に力強くのたまう後輩くん。
そして、毎回期待以上の美味しいものを食べさせてもらいました。

さて、今回はそんな想い出を胸に…
初めて夫婦で行って参りました。
夫は初ソウル。
どんな美味しいものが食べられるのか
期待に胸を(腹を)膨らませて旅立つのです~!

H.I.S.の初夢ツアーとやらで2011年の記念で
なんと20,110円ポッキリで2泊3日。
しかしながら滞在時間は正味1日の短~いもの。
エアーもホテルもエコノミーですが
ゴハンを食べに行くだけと考えれば十分です。
前出の後輩くんの言葉を借りれば
『このツアーでは3食しか食べられないから
いかに美味しいものを食べるかが課題!!』

旅立ちは新しくなった羽田空港国際線ターミナルから。
c0216210_2171689.jpg

ここどこ?という変わり映えですね!
ちょっと変わった食べ物屋さんも入っていておもしろい。
せっかくだから…と旅立つ前にラーメンせたが屋で鶏塩ラーメン。
c0216210_2181061.jpg

食い倒れツアーの幕開けです。。。

ターミナル5階デッキ
c0216210_2321250.jpg

夕焼けもキレイでした
c0216210_23386.jpg


そして、今回はお初のKOREAN AIRで運んでもらいます。
機体の色がブルーグリーンでとってもかわいいの。
キャビンアテンダントの方たちのユニフォームも
髪飾りまで凝っていてとてもかわいかったです。

そして、機内食はイカの炒め物&やっぱり飲んじゃうビール。
c0216210_2305596.jpg

着いてから食事する予定だから食べるのやめようと
思っていたのにつまんじゃった~。
だってピリ辛で美味しいんだもん!

2時間ちょっとで海と陸の境界が見えて
c0216210_2371477.jpg


で、着きましたよソウルの金浦空港。
そこからバスでホテルまで送迎してもらったのが
ちょうど深夜0:00くらい。。。
今回のお宿はM.BIZホテルという江南にあるアクセスが
良くないビジネスホテル。
今までソウルではデラックスなホテルに滞在していたので
ちょっと心配でしたが、私は国内でも出張でとんでもない
ビジネスホテルに泊まったことがあるのである程度のことは
腹を括っていました。

ところが、ところがです。
このホテル意外に快適~♪
日本語が通じるスタッフが常駐していてとても面倒見が
良いのです。
お部屋もオンドルといういわゆる韓国の家庭の床暖房が
心地よいし、韓国ではあまり用意されないアメニティ類も
ほとんどある。
なかなか気に入りました!
難点はシャワーブースとトイレが一体ということと
シャワーの温度調節が難しいことくらいかな…。

そして、さっそく晩ゴハン(何回目?)を食べに行くことに。
親切なホテルのスタッフ、本当にヨン様みたいにソフトな
話し方をする、キムさんに『サムギョプサルが食べたいんです。』
と、言うと近くで地元の人しかいかないようなところだからと
メニューのオーダーまで電話でしといてくれました。
なので、お店に行くとお店の方にいきなり
『サムギョプサル!』と言われ(笑)
私と夫は首をカクカクと縦に振っておりました。

で、サムギョプサル
c0216210_2343336.jpg

韓国の三枚肉は皮がついたままなので
焼くとカリッとプルプルして美味しいの。
c0216210_2352417.jpg

大好きなエゴマの葉に味噌をぬって焼いた三枚肉をのせて
ネギのヤンニョム和えをのせて生ニンニクスライスをのせて
包んでガブリ!
もう、まちがいない美味しさです♡

そして、ホテルのキムさんオススメのテンジャンチゲ
c0216210_2355692.jpg

いわゆる味噌チゲなのですが、もちろん辛い!
しかしながら後味が酸っぱい感じでクセになる。
夫はすっかりこの味噌が気に入ってしまったようです。

この日は深夜2:00すぎまでのんびり食べて
翌日へ続きます~。
[PR]
by petit-eclat | 2011-01-27 02:54 | 旅&おでかけ
<< ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅱ おいしいものの記憶 ~玉英堂彦... >>