<< ソウルのお買いもの ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅰ >>

ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅱ

次の日はちょっとのんびりホテルを出発する予定にしていました。
ホテルのスタッフ、キムさんに行きたいところの移動方法を相談すると
簡単な方法を親切に教えてくれて、しかも翌朝にロビーに顔を出すと
最終目的地への行き方がタクシーの運転手さんに伝わるように
ハングルで行き方の説明や住所、そして地図まで添付した資料を
作成しておいてくれました。

キムさん、本当にありがとう。
お客様のためにというホスピタリティが素晴らしい。
頭が下がる思いでした。

この日は1日かけて食べ歩き&買い物。
ホテル最寄の三成駅から地下鉄に乗り乙支路入口で降りロッテ百貨店へ。
上階には免税店もあるのですが、私のお目当ては違います。
ここでは韓国海苔を買うのがお目当てです。

買い物についてはまた別途ブログアップしますね!
そうそう、ロッテ百貨店の地下食料品売り場でIKKOさんに
会いました!
BBクリームではなく、チョコレートのプロモーションを
していたらしい。
『どんだけ~!!』と記念撮影しておりました。。。

さて、その後は待望のブランチ!
明洞餃子のカルグクス
c0216210_11322131.jpg

マンドゥー
c0216210_11325932.jpg

このお店はとても有名店なので、いつ行っても混んでいます。
もちろんカルグクスやマンドゥーは美味しいのですが
こちらのお店で私が一番気に入っているのはキムチ。
キムチはお店によって全く違う味なのですが
この明洞餃子のキムチはまだ浅漬けでヤンニョムがたっぷり。
まだ乳酸発酵された酸味が無いサラダ的なところが良さです。
そして、こちらはキムチも麺もご飯もすべてお代りできるのが魅力。
夫もちろん大喜びです!

そして腹ごなしに明洞を散策。
行きたかったチープコスメのお店にて怪しいクリームを買い。。。
これもまた後ほどアップします。

その後、またポツポツ歩いて南大門まで。
この季節、韓国の気温はマイナス10℃ほど。
体感温度はさらに低くマイナス20℃くらいでしょうか。
寒いというよりは痛いくらいなので、完全防寒が必須です。
私たちはもちろんヒートテックを上から下まで着込み
耳がかくれる帽子にダウンに手袋で散策しておりました。
それでも出てる顔はイタイのよ~。

で、南大門では食べたかった豚足のお料理チョッパルを買い
屋台グルメを満喫。
そうなんです、朝ごはんを抜かしたのは屋台グルメを食べるため。
安くて美味しいものがた~っくさんあるのです。
湯気が魅力的なマンドゥー
c0216210_11342529.jpg

皮がモチモチしていて中の餡にキムチかコチュジャンが
入っているのか辛いの!でもウマい~♡
c0216210_11351050.jpg

4つで2000ウォン(約160円)激安!

そして、甘いお菓子もね。
c0216210_11362987.jpg

何ていうのかわからないけどかるめ焼きみたいで
シナモンシュガーがカラメル状に上にかかっているので
カリッと香ばしくて美味しい。

そして、トッポギにおでん。
c0216210_11371856.jpg

おでんは韓国でもおでんなんだけど『オデソ』って
書いてあった(笑)
たまにわけわからない日本語表記があるのよね。
トッポギはもちろん辛いのだけど、このおでんも
優しい顔して凶暴な辛さ。
トッポギ食べて辛かったからおでんのスープで
舌を休めようと思ったら休まらなかった(汗)

南大門はソウル市民の台所的なところ。
食材はもちろんキッチン雑貨もあります。
私は欲しかったキムチ入れをゲット!

このあと、ソウル駅まで歩いて
c0216210_1156879.jpg

ロッテマートでお土産や食材をたんまり買いました。

ずっと歩いてのお買いものだったので
ちょっとお茶してから、晩ゴハンを食べに
地下鉄で高麗大駅まで。

目的は水木苑という鮑の料理を食べさせてくれるところ。
お店の入口には鮑の水槽。
c0216210_11383577.jpg

名物料理は三合(サマッ)という名前の料理。
鮑と豚の三枚肉の焼肉とキムチを野菜にくるんで食べる
ことから三つを合わせる意味で三合と言うそう。

こ~んなに鮑!!
c0216210_11393651.jpg

全体像がこちら
c0216210_21115439.jpg

そして、これを包んでガブリ!
c0216210_11403697.jpg

うわぁ~鮑ウマっ!し~あわあせ~♡
大好きなエゴマで包む…
包んで巻いて食べる文化っていいよね!

副菜もこんなにたくさんあるんですよ。
c0216210_11421735.jpg

お野菜中心でヘルシー。
ごはんも何穀米かで、もちもちしていて美味しい。
c0216210_11441986.jpg

他にも食べてみようと、トッペギ焼肉というのを注文。
お店の方が言うには汁が多めのプルコギみたいなものとの
ことでしたが、実際のお姿はこちら。
c0216210_11454361.jpg

汁が多めっていうか、汁メインだからっ(笑)
たしかに焼肉は入っているのですが、私が気に行ったのは
この雪だるまみたいな形したお餅。
c0216210_11461744.jpg

モチモチと本当に美味しいの。
あ~モチモチ美味しいなぁと食べていたら
なんと、私ひとりでお餅すべて食べていたようで…。
夫『お餅美味しかった?』と聞くので
私『美味しかったね~♡』と満面の笑みで答えると
夫『ボク食べてないよ、ひとつも…。』
えーっ!?ごめんなさい…。
夢中になると見えない私です(汗)

最終目的地へ向かおうと水木苑の方にタクシーの行き先方面の道路を
教えてもらおうと尋ねたところ、親切にも車で送って
もらえることになりました。

明洞や南大門でも、日本人が困っていると必ずヘルプしてくれる
観光案内スタッフがいたり、駅でも声をかけてくれる人がいたり
ホテルやこういった現地の人が多いお店でも優しい。。。
人の温もりを感じる国だということが今回改めてわかりました。
夫も地下鉄車内でのお年寄りへの席の譲り方などの素早さを見て
儒教の国ってすごいなぁと感動しておりました。

さて最後の目的地、Market O Restaurant & Café Brownieへ
c0216210_11495584.jpg

こちらは私が運営スタッフとして参画しているお店
日本橋箱崎町のBintjeにて販売しているお菓子を
扱っているメーカーさんが経営しているお店。
ウェルビーイングフュージョンレストランとして
新鮮な有機農材料を使用し、素材の美味しさをそのまま活かした
メニューを提供しているレストランです。

私たちのお店ではこちらのブラウニーやクラッカーなどを
販売していますが大人気商品!
特にブラウニーはリアルブラウニーの名前どおり
チョコレート感たっぷりでしっとり美味しいです。

そもそもはこちらのレストランで出していたブラウニーが
とても美味しいことから商品化して小売りを始めたという
ことを聞いていたので、その元になっているブラウニーを
味わいながらのお茶でソウル旅をシメることにしました。

そして、そのブラウニーはこちら…
c0216210_1151120.jpg

なんて、しっとりと濃厚なんでしょう!やっぱり美味しい♡
一緒にオーダーしたカフェラテやコーヒーもたっぷりで
このソーサーがまたかわいい♡スプーンがプリントされているのです!
c0216210_11515539.jpg

こういうところってくすぐられるんですよね~。

店内はこんな風にゆったりと作られている。
c0216210_11534616.jpg

オリジナルのクッションもブラウニー色
c0216210_11545184.jpg

1階がカフェ利用で2階がレストラン利用で別れているそう。
このお店の立地は江南の押鴎亭にあるロデオ通りというちょっと
アッパークラスなお店が立ち並ぶところから近いところ。
お店には駐車場もあり、そこに来る車も高級車。
な~るほど、そういう層が来るところなのね~と言うのも
勉強になりました。

そして、ここからはタクシーで10分もかからずホテルへ。

シメは終わったはずですが、夫はどうしても食べたいものが
あると言うのです。
韓国の海苔巻、キムパップ。
ちょうどタクシーを降りるとすぐそこに食堂があって
テイクアウトの文字が。。。
入って、『キムパッ テイクアウト ハナ、オーケー?』と
英語と韓国語混じりで話すと、ニッコリと笑顔で
受けてくれて用意してくれました。
写真が無いのですが、これがまたウマイ!
普通の海苔巻がこんなに美味しいなんて~♪と
ご機嫌で終えた一日でした。

夫ももう悔いはなし。
でも、また来たいね~と初ソウル体験は満足のようでした。

翌日は雪でしたが早朝にお迎えが来て空港まで。
c0216210_1274183.jpg

そうそうKOREAN AIRのかわいい色をチラリ
c0216210_129862.jpg

飛び立ち
c0216210_1210759.jpg

羽田まで約1時間30分で到着してしまうのです。

そして最後の機内食がこちら
c0216210_12113150.jpg

鶏のコチュジャン焼き、けっこう美味しい。

テーマはちょっとゴハンを食べに遠くまででしたが
本当にたくさん食べました。
アジュ マシッソヨ~!(とても美味しかったよ~!)

でも、まだ食べ足りない…。
またひょっこり行って来よう。
[PR]
by petit-eclat | 2011-01-27 12:13 | 旅&おでかけ
<< ソウルのお買いもの ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅰ >>