<< 番外編~学んだおみやげ~ ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅲ >>

ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅳ

ちょっとやり始めたことがあったら頭が疲れてしまったので;^^
ラストスパート書いちゃいましょう。

最終日は明洞でピックアップしてもらって空港まで行ける様に
ツアーガイドさんと交渉。
また、ホテルまで帰ってくるとタイムロスですからね。
おかげで明洞でふらふら過ごす事ができました。

朝イチは昨晩コンビニで買っておいた飲み物。
c0216210_0581666.jpg

韓国って飲み物などのパッケージがけっこうオシャレでかわいい。
しかし、中身の美味しさとの比例はなんとも言えない(笑)
私はデンマークカフェラッテミントに惹かれて飲んでみました。
うんうん、ミント爽やかだね。
でも、きっと次は買わないでしょう(笑)
隣のヤクルトの大きいようなものはバナナ牛乳みたいなものでした。
ハングル読めないから何となくカスタード系のお味か?と想像したのだけど
見事にハズレ!
何だかわからないものを買って試すのもおもしろいものです^^

まずは明洞へ向かい、朝ごはんを食べに神仙ソルロンタンへ。
ここはドラマの舞台にもなっていたらしく知る人ぞ知るところらしいけど
私は初めて来てみましたよ。
c0216210_19353.jpg

韓国ってスープだったりお粥だったりはあまりハズレはないと思う。
この神仙ソルロンタンもチェーン店だけど普通に美味しい。
そして、キムチが有名だと聞いていたけど、そうなかなか美味しい。
今回のキムチ大賞にはならなかったけど次点でしょうかね。

この後ロッテ百貨店に向かい、いつもの大好きな韓国海苔と
免税でコスメをいくつか買いました。
探していたIKKOさんオススメのブラックパールのバブルマスクとか
かたつむりのゲルマスクとか胎盤を使ったゲルマスクとか
そのものを聞くとおどろおどろしたものを美容に使うソウルだけど
日本からブレイクするものも多いそうです。
地元の方たちが多く使うのは「雪華秀(ソルファス)」というシリーズだそう。
こちらは結構高価です。
でも、韓国の方たちはお顔のお直しなどは別にして肌がとってもキレイ。
皆が口をそろえて言うのはそれなりにお金と時間をかけているからですって。

ハイ、美への道は努力だそうですよ!

ランチは大好きな明洞餃子へ~と思っていたのですが13:30過ぎて
行ってみたら大行列ができていて!
あえて、少しずらした時間で行ってみたのに残念><
こちらはカルグックスが有名なんですが、私はとーっても辛い浅漬けのキムチが
大好きで…。
今回はやむを得ず踵を翻し、ロッテ百貨店のフードコートで食べてみることにしました。

行ってみるとここも地元の方ばかり。
注文の仕方がわからない…。
でも、人の動きを見ていると、真ん中にいわゆる注文センターみたいなのがあって
壁際に色々なお店が並んでいることがわかり、まずはお店を見て食べたいものを
探してから注文に行くのだ!ということがわかりました。
そして、注文をするとポケベルみたいなのをくれて自分の注文したものが出来上がると
手元でピーピー鳴るという仕組み。
日本のフードコートでも使われていますよね。
そして、今回食べて無かったので私は汁なし冷麺。
c0216210_1301433.jpg

すっごく辛いのですがさっぱりと美味しかった!
夫はどうしてもカルグックスが食べたかったみたいなのですがマンドゥが入った
何がしかを頼んでしまい…でも美味しかったです。
残念ながら写真が無いのですが。。
c0216210_1322464.jpg

キムパッもね、食べてみました。
コレを食べて思ってしまったのです。
このキムパッの方が具材がはるかに多いし太いのですが
前日に食べた麻薬キムパッの方が何百倍も美味しい!!!
あーまた食べたいよ~麻薬キムパッ!
と恋しくなってしまったのでした。

のんびりご飯を食べてデザートにエッグタルトとくるみのタルトを買い込んで
ガイドさんと約束したピックアップ地点に行き空港へ。

今回の飛行機、アシアナさんが待っていましたよ。
c0216210_1354990.jpg

空港ではけっこう時間があったので先程買い込んだおやつを食べてお茶して
免税品を受け取ったり、仁川空港が初めてな夫は探検したりして過ごしました。

最後の機内での食事。
c0216210_138230.jpg

あのー正直言ってこれは行きの時よりもいただけない感じだったのですが
ビールはいつも機内で出てくるものと違ってモルト効いてて美味しかったです(笑)

今回は思い残したこともあるので、またリベンジの旅
早く行きたいなぁ~♪
[PR]
by petit-eclat | 2012-05-23 01:41 | 旅&おでかけ
<< 番外編~学んだおみやげ~ ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅲ >>