<< 元気をだして Bonne Année >>

愛についてかたろう

c0216210_23533728.jpg

ロゼ・ワインって愛を語りたくなってしまうワインだなぁと
知れば知るほど思うんですよ。

私にとっては嬉しくもあるのだけど
恋愛の相談を受けることがよくあります。

特に自分自身の経験が豊富なわけでもないと
思っているのですが(笑)
相手にとって話しやすい何かがあるのでしょうか?
私にはわかりませんが(笑)

恋愛で悩む人の話を聞いていて共通なことは
相手の愛を感じないという辛い悩み。

でも、私がその言葉を聞きながら感じる
心の声はそうではないように思うのです。
本当はその人自身が相手を信じて愛する自信が
無くなっているのではないか。

それはイコール自分に対する自信が無くなっていることで
私から見れば素敵な人たちがここでこんなに自信を
無くしているなんてもったいない!
よく思うことです。

そうそう、そういう男女の恋愛に対してのアドバイスと
言うのでしょうか
そういうものを誰かが発信したりするのを目にする時に
思うことがあります。

何でそんなに決めつけるのだろう?

男の人は論理的だから…
とか
女の人は感情的だから…
とか

男性だって感情的な思考の人は多いし
女性だって論理的な思考の人は多い。

私だって決めつけられたらイヤだもの。
当然、男性だって「男はこういうものだから…」と
勝手な思い込みでまるで手の中で転がされているような事って
イヤでしょう?

あ!わからない…
それを心地よいと感じる人もいるかもしれない。
でも、それは愛じゃなくて心地よい環境に流されて
芯が抜かれちゃった人かしら?
まぁ…きっと私はそういう人に恋愛感情は抱かないと思うけど(笑)

まずは「こういうもの」という決めつけた見方や考え方が
自分自身を否定して自信を無くす元になっている気がします。

愛って素敵な言葉だと思いませんか?
心が温かくなる幸せな言葉。

男女の別関係なく
相手が自分へ向ける愛の言葉だけを求めていると
いくらそれを受けても足りないと感じる。
その枯渇から相手のことが信じられなくなる。

でも、自分はどうなんだろう?
素直に愛の言葉を相手に発しているのだろうか?


さぁ…
私も自分自身を見直して
パートナーへの愛を伝えていかなければね♡

今夜はロゼ・ワインを飲みながらとりとめもなく
書いてしまったのだけどこれはまた続きを書いてみよう。。
[PR]
by petit-eclat | 2013-01-11 23:58 | ひとりごと
<< 元気をだして Bonne Année >>