<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Vin chaud

寒い中お越しいただいたゲストへ
最初のおもてなしは
あたたかい笑顔とあたたかいワインで…
c0216210_1211530.jpg

スターアニスを『ようこそ~』とごあいさつ
しているようにぽっかりと浮かばせ
シナモンの鮮烈な香りに心がホッと安らぐ
スパイスとともに果実の酸味も効かせて
さわやかな仕立て
ぐいぐい飲むと体の奥からポカポカに


ノエルをイメージしたお食事の前に
みなさんへ1杯どうぞ~♪

More  *レシピはこちらから…
[PR]
by petit-eclat | 2009-11-28 01:35 | おうちごはん&素材

Un présent du mariage

義兄の結婚のお祝いに花嫁さんへリースを作りました

花嫁衣装に4つのsomethingを身につけると
幸せになる…
そんな伝説の中のsomething blueにちなんで
やさしいブルーの生地で

可憐な花嫁さんが気に入ってくださいますよう
心を込めて作っている間
まるで幸せのお裾わけをいただいているような
嬉しい気持ちでした♡
c0216210_220947.jpg


今週末にある沖縄でのセレモニーを楽しみに♪
[PR]
by petit-eclat | 2009-11-25 22:09 | 手づくり

暮らしに花を

CMみたいなタイトルになっちゃいましたが(笑)
素敵なお花と暮らすことは微笑みを絶やさないことと
同じような気がします

常に豊かな気持ちでいられる

そんなことを、また私の大切なお友達から
教えられました

お花のグラス活けレッスン
c0216210_1262461.jpg

お家に帰ってから、また活けなおしてみたのですが
どうでしょう?先生(笑)
c0216210_1275146.jpg


教えていただいたことを自分なりにアレンジして
アンティークのカフェオレボウルに
シルバーレインというクールさと優しさがあるバラを足して
c0216210_1294430.jpg


かっこいいカラーのホットチョコレートでも遊んでみたり
c0216210_1313086.jpg

c0216210_1315598.jpg


お花と触れ合う楽しさと幸せ感は何とも言い表しようがないのですが
私にはちょっと恋愛と同じようにガーリーな興奮を感じます♪

そんな乙女心を大切に微笑みとともに花のある暮らしを
大切にしよう
[PR]
by petit-eclat | 2009-11-24 01:41 | お花&お庭

乾燥の季節です

すっかり寒くなり
お肌の乾燥がピークの季節ですね

ウイルス対策のためにも
我が家でも加湿器がフル稼働をはじめました
実は外出時もポータブルサイズを持って歩きたいくらい(笑)

実は乾燥が一番激しいのはお風呂上がりだとか…
お風呂上がりのローションも私は薬用のものを使っていますが
お風呂に入っているうちからのケアが必要だそうです

そこで最初に出会ったときに高額で躊躇したのですが
夫がアトピーだということも最近わかったので
使い始めたせっけんが天然素材100%のガミラシークレット
c0216210_1235036.jpg

c0216210_1242622.jpg


泡立ちもよく香りも天然のハーブの香り
そして洗い上がりがさっぱりしているのにしっとり…

モデルさん御用達の意味がわかった気がします
c0216210_1334286.jpg

[PR]
by petit-eclat | 2009-11-23 01:35 | beauty

Nouveau 2009

ボージョレー解禁になりましたね
今年は50年に一度の出来ばえとか…

ワインスクールの講師に聞くと
『今年のインフルエンザは凄い!のように…』
だそうですが、どうででょう???

今年は勉強のためにも2本チョイスしてみました
c0216210_16244648.jpg


右:Beaujolais Nouveau (VV1929) 2009 DOMAINE Dupré
  VV1929・・・ヴィエイユ・ヴィニーユ1929
  樹齢80年の古樹で育った葡萄で作られたワイン
  80年かけて地中深く根を張った葡萄の木の力を
  味わってみたいと思いました
  
  味わいはヌーヴォー独特の果実実と酸がたっぷりありながらも
  タンニンもしっかりとしているのは古木だからかしら?
  ボディもしっかりしていて美味しい

左:Beaujolais Nouveau Dernier Four Jean CARILLON
  このワインはまだ味見していませんが、リュット・レゾネ(減農薬)栽培した
  樹齢45年~70年の古樹でぎりぎりまで完熟させた葡萄から作られた
  遅摘のボージョレー・ヌーヴォーだとか
  新酒にしては糖度が高いとのことなので、こちらも楽しみ

今年も大地の恵みに感謝を込めて
お祭り気分でいただきます♪         
[PR]
by petit-eclat | 2009-11-19 16:50 | ワイン

旬の素材から~ホタテ~

ホタテの貝柱大好きです♪

旬は10月~12月だそうで
この時期お安く市場に出回っています

お魚売場へ行ったら特売をしていたので
久しぶりに手が伸びました(笑)

*ホタテのグリル タルタルソース&スティックブロッコリー添え
c0216210_21361322.jpg

お刺身でも食べらる活きの良さなので
グリルは表面に焦げ目をつける程度の
レア状態で
自家製のさっぱりしたタルタルソースとの
相性抜群!

白ワインがすすみました~♪

More  *レシピはこちらから…
[PR]
by petit-eclat | 2009-11-18 21:55 | おうちごはん&素材

ベランダにリース

ずっと作りたかったもの
お花のリース
c0216210_1131236.jpg

これから淋しくなるベランダガーデンが
かわいらしく彩られるように
パンジーとビオラを8種類植えました

単なる寄せ植えではなくて
このリースの形になるのが
とても作りたかった
最近作った花車にそっと乗せたくて。。。

寝室がベランダに面しているので
朝起きると窓ガラス越しにこの光景が
目に入ってきて、いつまでもベッドに腰掛けて
うっとり見入ってしまいそうです
c0216210_120262.jpg

今日も素敵な一日が過ごせますように♪
[PR]
by petit-eclat | 2009-11-16 01:22 | お花&お庭

旬の素材から~蕪~

蕪が美味しい季節です
皮をむかなくても柔らかくてあまーい
葉も美味しいので余すことなく使います

昨日はお味噌汁に入れたのですが
今日はパスタに…

1人のランチだったのでちょっとずつ
残っているパスタを整理整頓
リングイネ、スパゲティーも太さいろいろ

微妙に違う茹で時間に気をつかないながら…
余りものでも美味しく食べたいしね

*蕪と生ハムのペペロンチーノ
c0216210_0285598.jpg

アンチョビを使いたかったけど
あいにく在庫切れ…

自分ひとりの時はつくりながら考えてしまうので
材料がそろっていなくてもノリで作ってしまう

塩気のある何かないか?
おーあったあった!生ハムの切り落とし!!

そんな調子でいいかげんなのですが
蕪の甘みが辛みやしょっぱさでより際立って
おいしかったです♪

ごちそうさまでした。。。
[PR]
by petit-eclat | 2009-11-15 00:34

日本人にうまれて…

幸せ~♪と感じるもの

炊きたてのご飯
c0216210_0352272.jpg

今年は新米をたくさんいただいたので
我が家はホクホク
毎日美味しいお米をいただいています

特に土鍋で炊いたものは格別です♪

土鍋を使って炊こうというきっかけとなったのが…

先日、軽井沢へ行った帰り
横川サービスエリアに寄ったら
買わずにいられなかった『峠の釜めし』
だって、美味しいんだもん

ところがいつも困るのがその後の釜の始末
しばらく何かに使おうととっておくけど
結局使わないで、ある時を境にサヨナラ

今回もそのパターンか?と思いきや
一言注意書きが入っていたのに気がついた

『お米1合分のご飯が炊けます』
ふーん、そうなんだぁ…

じゃあ取っておいてやっみようと言い、早1ヶ月半
収納場所が無いのでキッチンの足元でガチャガチャ
言っていました

昨日のこと、ふと夫にこれでご飯炊いて
年貢の納め時にしてあげようねと言って
炊いてみたら、これが美味しい~♡

えっ?てことは年貢納められない…
   ↓
どこに置いておくの?
   ↓
困った~

でも待てよ、うちには他にもお米炊けそうな土鍋あるぞ!
と、本日小さいサイズの土鍋で炊いてみたら…

やっぱり美味しい~♪
これでいいよね、と釜めし君には年貢を納めて
いただくことにします

*今晩の献立*
c0216210_0362851.jpg

ターサイと生きくらげのミルク煮
サバの干物
土鍋ごはん
かぶと仙台あぶら麩のお味噌汁       

More *レシピはこちらから*
[PR]
by petit-eclat | 2009-11-14 00:37 | おうちごはん&素材

Terroir

ワインスクールも6回目を迎えました

昨日はスクールで6種類を試飲し
c0216210_0102992.jpg


その後クラスの皆さんと8本のワインも試飲
c0216210_0273976.jpgc0216210_0275957.jpg













c0216210_0282544.jpgc0216210_0284976.jpg













というか美味しい美味しいとたくさんいただく(笑)
写真はその一部

うーむ奥が深い…
そして楽しい♪

自分が好きなものを分析できるって
おもしろいなぁ

テイスティングの仕方
外観・香り・味わいのコメント
まだまだ慣れないけど、自分の感じたままを
表現できるようになれたらカッコイイ

ワインを学んでみて私が何よりも好きになったのは
Terroir(テロワール)という言葉

いわゆる気候風土を表すものですが
ぶどうが作られた土地のさまざまな条件が
ぶどうに反映されるというもの
他の作物にもフランスでは使う独特の表現
だそうです

このワインはこういう土地で作られているから
こうなんだ…

土地に根付くぶどうの樹の歴史

ワインってロマンティックな産物だと
体感しています

白ワインの醸造法を学んで今は赤ワインを勉強中

自分がどんなワインが好みなのか?というのが
ぶどう品種から謎解けてきているのも
毎回のお楽しみどころです

白ワインではシャルドネとシュナン・ブラン
とゲヴェルツ・トラミネール
赤ワインはカベルネ・ソーヴィニヨンかと思っていたら
実はグルナッシュ好き?

なんて、まるで自分探しをしている気分(笑)

人に対してアウトプットするには
自分へのインプットも大切と
感じる今日この頃です♪
[PR]
by petit-eclat | 2009-11-13 00:32 | ワイン