<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

手しごと

以前から作りたかった天井から吊り下げるリース。
久しぶりにnuageさんにレッスンしてもらい
作ることができました。
c0216210_1557040.jpg

何種類ものプリザーブドフラワーを使い
贅沢に仕上げていくもの
最初は何から取りかかったら良いのか
果てしない感じがするのですが
どの花材も美しいものばかりなので
触っているだけでも癒されます。
近くで見るとこんな感じに…
c0216210_15595954.jpg

遠くから見ても近くで見てもふんわりふんわり
白の濃淡の世界に惹きつけられます。

そして、一方は赤の世界。
c0216210_163662.jpg

オープンのお祝いでいただいたお花の中で
すばらしく美しかった赤い薔薇をドライにしたら
とてもキレイに仕上がったので
アレンジしたくなりました。

お店に飾ろうとキャンドルのアレンジに…
c0216210_165252.jpg


素敵な薔薇はピアノというそうで
こちらもnuageさんがプロデュースする
le jardinetというお花屋さんの仕入れ。
お花を贈ってくださるなら、絶対にこちらの
お花屋さんにお願いして欲しい!と
心から思うくらい素敵なお花選びなんですよ♡

白と赤の世界。
この時期はクリスマスを思い浮かべながら
こういうアレンジがしたくなりますね。

久しぶりの手しごとはとても気持ちをリラックスさせてくれる
私には大切な時間です。
[PR]
by petit-eclat | 2010-11-30 16:17 | 手づくり

Nouveau 2010

先週木曜日に解禁となったボジョレー・ヌーヴォーは
味わいましたか?

私は解禁日にいま参画しているお店にて
ティスティングしました。

今年、お店で仕入れたのがこちら…
c0216210_14435270.jpg

アンドレ・ヴォニエという作り手さんのものです。

昨年2009年はボジョレー地区のみならずヨーロッパ全域の
ほとんどの地域で傑出の年となった歴史に残る大当たり年。
昨年は古木や減農薬のものを試してみて、とても美味しかったのを
覚えています。

今年はブドウの成熟が遅れていたために心配されていたのですが
8月中旬から好天に恵まれ一気に成熟し、最終的には糖度も凝縮度も
満足がいくとの生産者さんからの声でした。

さて、その味わいは…
ボジョレー・ヌーヴォーが作られるブドウはガメイ種。
そのブドウの特徴的な苺や他のレッドベリーがきちんと香り
早飲みするためのマセラシオンカルボニックという独特な
醸造方法に由来するジャムの様な凝縮感あふれるキャンディー香も
立っています。
味わいもヌーヴォーらしいフレッシュさと果実味も思ったよりしっかり。

うん、今年も昨年に大きく劣ることなく美味しいのでは
ないでしょうか。

1年に1度の収穫を祝うこの新酒。
みなさんもぜひお楽しみいただきたいです。

ちなみに今年は価格も昨年よりも控えめだそうですよ♪
[PR]
by petit-eclat | 2010-11-22 14:57 | ワイン

やっぱりワイン♡

最近忙しかったのでお誘いいただいてもお断りすることばかりでした。
しかしながら、どうしてもこの集まりには参加したかった!

一昨日の事ですが、風邪からの病み上がりで
ワインの勉強を一緒にしている仲間たちの
会合に参加してきました。
場所は、明治神宮前(表参道)にあるGYREという
ブルガリとシャネルがランドマークになっているビル。
その4階にあるル・プレヴェール
c0216210_14363567.jpg

今年、一緒に資格取得に向けて勉強した仲間たち。
合格した人も残念だった人もみんな一緒に語って飲もう~♪
と言う主旨だったのですが、そのワインの量といったら
ザッとこんな感じ。
c0216210_141911.jpg

1人1本持ってくるのでこんなになってしまいます^^
それを片っ端から美味しくいただくわけです。
もちろん会場となったル・プレヴェールの美味しいお料理も
いただきながらですが…
c0216210_14213725.jpg

食べるよりも酒量の方が
圧倒的に多いことは間違いありません(笑)

私はみなさんへのお祝いにちょっと奮発して
大好きなローヌのワイン、シャトーヌフ・デュ・パープを。
やっぱりいいですね、グルナッシュらしい力強さと
野性味あふれる香り。
本当に好きです♡

みなさん、おもしろいワインをたくさん持ってきてくれました。
1986年のボルドー…
コルクはボロボロで抜栓に手を焼きましたが
その味わいはカベルネソーヴィニヨンらしい
青々したピーマンのような香りとなめらかな
タンニンが素晴らしかったです。
そして、珍しいイタリアのメルローも美味しかった~♪
作り手さんの顔がエチケットになっている
ビオのワインも香りはケッチャップみたい?(笑)でびっくりでしたが
味わってみると、ビオっぽいろ過していないブドウの旨味が
凝縮されたお味。

どれも美味しさ満点でした!

そして、最後は半年間お世話になったとても素敵な先生へ
みなさんからのメッセージ入りの色紙をお渡しして
記念のデザートでお礼を。
c0216210_14311637.jpg


ワインは奥が深くて一生かかっても勉強しつくせないと
思いますが、そいういうスペシャルなものに出会えたことに感謝。

ずっと続けて勉強しよう。
そして、好きなものを通して出会えた素敵な仲間たちも
大切にしていきたい。
[PR]
by petit-eclat | 2010-11-22 14:34 | ワイン

毎日のこと

c0216210_17424259.jpg

ここのところ、忙しさにかまけてすっかりブログのことを
忘れかけておりました(笑)

毎日の仕事を通してお客様の温かい反応や言葉を
とても嬉しく感じています。
リピートのお客さまもいらっしゃるようになり
最初お一人でお見えの方が今度は2人連れでお見えになったり…。

私の原点である、両親が続けている商売のことを想います。

自分自身が何をやりたかったのか?
どうして今に至っているのか?

日々考えながら改めて勉強しているようです。

さて、そんな毎日を送っておりますと
主婦の仕事はそうできません。。。
ずいぶん夫に協力してもらっております。
そんなに長い間こんな状況は続かないと思うので
今しばらく辛抱してね。

朝一番に2人一緒に過ごす珈琲タイムだけは大切にしています。

カリタのミルでコーヒー豆を挽き
ケメックスでゆっくりと煎れるこの時間が
1日の中で一番のんびりできるとき。

時間の大切さを改めて感じながら。。。
[PR]
by petit-eclat | 2010-11-14 17:42 | ひとりごと