<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

SALON DU CHOCOLAT 2011

c0216210_0324741.jpg

伊勢丹で開催されているSALON DU CHOCOLAT
行ってきました。

年に一度のショコラの祭典は人ごみだとわかっていたのですが…

悩みごとなど多き年ごろ?
ちょっと気分転換したい時、私の行動は2つに別れます。

1.ひとりっきりになる
2.人ごみにまぎれる

今回は2.のパターンでした。

でも、行って良かった!
色々な収穫がありましたよ♪

開催3日目でしたが、セレクションという各ショコラティエの
描くショコラを集めたものはすべてsold out!
さすが人気が高いイベントです。

会場にはアーティスティックなショコラのディスプレイもたくさん。
c0216210_0335981.jpg


昨年はクリスティーヌ・フェルベールさんのショコラを
自分用に買って楽しんだのですが、今年はどれにしようかな?
アレ?買い物しに来たわけではないのについつい…(笑)

素敵なショコラがた~くさん!
しかしながら、その価格も素敵すぎる。。。
今年は迷った挙句にジャン=ポール・エヴァンさんのものにしました。
色々なカカオ豆のショコラが比較できるとか…
そして、会場にいらしたエヴァン氏にサインも
もらうことができました。
ハッと目があった時にウィンクしてくれたのです♡
あまりのチャーミングさにススッと近づいて行くと
通訳の方がサインですか?と聞いて下さり
お名前を入れてくれますよと親切にしてくださいました。

で、そのサインがこちら
c0216210_0362837.jpg

シルバーのペンでオシャレに名前を入れて書いてくれました。
握手もしてもらい、世界で活躍する素敵なジェントルマンに
ポーっとしながらまたフラフラと廻っていると…

パティシエ エス コヤマのお店の前で
これから販売するロールケーキの整理券を
配っているとのこと。

それってたしか、兵庫県にある有名なお店では?
そうそう、神戸の舌の肥えたお友達が予約しないと
買えないと言っていたアレだ!!
ボーっとしているわりには、こういうことはすぐに
ピピッとつながる脳神経細胞を持っています(笑)

そして、残りわずかだった整理券をゲットしたのです。

そして、プレーンのロールケーキは箱からしてかわいい♡
c0216210_0373132.jpg

中はこんな感じ、けっこう大きくてうれしい♡
c0216210_03851100.jpg

昨年作った栗の渋皮煮と一緒にいただきます。
c0216210_03930100.jpg

これは…なんて!ふーんわりなスポンジなんでしょう!!
クリームに重きを置いているところが多い中で
こちらはなんと言ってもスポンジではないでしょうか?
もちろん中も栗が入っていて生クリームとカスタードが
溶け合って美味しい♡
ムムッ今まで食べたロールケーキの美味しい順位が入れ替わりそう…。

たまに悩んでみるのもいいね、美味しい収穫があるなら。
[PR]
by petit-eclat | 2011-01-31 00:40 | かわいくておいしいもの

ソウルのお買いもの

今は円高のためドル立てにすればお買物はかなりおトクではあります。
でも、私のお買いものの目的はブランド物にあらず…。

食材なのです!

韓国は本当に美味しいものがたくさんある国。
そして、身体に優しいものを取り入れることについても
とても気を使っている国でもあります。

先のブログに書きましたが、ロッテ百貨店での目的は
この韓国海苔。
c0216210_21264370.jpg

名前は『皇室のり』
海苔を買うならこの海苔をぜひお試しいただきたいです。
海苔の土産はお手軽なので、色々な種類をいただきましたが
お味において『皇室のり』の右に出るものなし。
塩味がマイルドでごま油の香りも良い。
今回もお土産を頼まれたのでこちらをたくさん買いました。
1包60g入っていて、5包で15,000ウォン(約1,200円)と
お手頃価格でもあります。
ロッテ百貨店には他の海苔屋さんもありますがお間違えなく。

そして、ロッテマートではさまざまな食材を買います。
c0216210_2134280.jpg

コチュジャン2種類にサムジャン、そしてコチュジャンアレンジした肉みそ。
それにピーターラビットを思い浮かべるようなうさぎのキャラがかわいい
ダシダという無添加の牛肉だし。
c0216210_2139831.jpg

夫の大好物、袋麺の辛ラーメンとやさしいコムタンラーメン。
また、もちもち美味しい韓国料理の定番チャプチェに使う太い春雨。
c0216210_21413181.jpg

そして、いくらでも持って帰りたいごま油!
韓国のごま油はゴマを炒ってから絞っているので本当に芳ばしく
美味しいのです。
後ろにあるのは、ドラッグコーナーから食物繊維たっぷりという飲み物。
試飲販売していて気に入ったのでお試し。。。
五味子茶も好きなので忘れずにゲットします♪
c0216210_21455859.jpg

このワッフルクッキーも必ず買います。
駄菓子類も普通に美味しくて、かなり安いんですよ。

そして、Market Oではまだ日本で未発売のお菓子を数点。
c0216210_21483357.jpg

かわいくて美味しいチョコレート菓子たち。
日本にも早く来ないかなぁ~♪

韓国はビューティーにもとびっきり敏感な国。
流行りのBBクリームや最先端では『カタツムリのクリームあるよ。』
と声をかけられました。。。
必ず立ち寄る、明洞にあるタレント化粧品とどこにでもある
THE FACE SHOPいう2か所のお店にて便利なシートパックと
ちょっと怪しいクリームを購入。
c0216210_21534254.jpg

シートパックにはコエンジャイムと書いてあります(笑)

怪しいクリームというのはこちら…
c0216210_2156934.jpg

毒素を…出す…ってすごいですよね!
でも私、以前このクリームを購入しているのですが
すごく良かったのです。
肌に吸い込むように馴染む使い心地が好きで
今回リピートしてきました!

南大門では欲しかったキムチ入れを購入。
c0216210_2202141.jpg

これ、ステンレスで形がカッコイイの。
こんな風にキムチを入れるとパッキンが付いていて密閉されるので
冷蔵庫でも臭わない。
逆に冷蔵庫の臭いをつけたくない食材を入れるのにも良いです。
c0216210_2213979.jpg

日本でも合羽橋で売っているのを見たことあるのですが、高い!
たしか1つ1,000円以上したと思います。
こちら2つで20,000ウォンを値切って17,000ウォン(約1,360円)
良いお買いものできました~♪

そうなんです、ソウルは私にとってお買いもの天国。
食材が無くなるころ、また行けるといいなぁ~。
[PR]
by petit-eclat | 2011-01-27 22:07 | 旅&おでかけ

ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅱ

次の日はちょっとのんびりホテルを出発する予定にしていました。
ホテルのスタッフ、キムさんに行きたいところの移動方法を相談すると
簡単な方法を親切に教えてくれて、しかも翌朝にロビーに顔を出すと
最終目的地への行き方がタクシーの運転手さんに伝わるように
ハングルで行き方の説明や住所、そして地図まで添付した資料を
作成しておいてくれました。

キムさん、本当にありがとう。
お客様のためにというホスピタリティが素晴らしい。
頭が下がる思いでした。

この日は1日かけて食べ歩き&買い物。
ホテル最寄の三成駅から地下鉄に乗り乙支路入口で降りロッテ百貨店へ。
上階には免税店もあるのですが、私のお目当ては違います。
ここでは韓国海苔を買うのがお目当てです。

買い物についてはまた別途ブログアップしますね!
そうそう、ロッテ百貨店の地下食料品売り場でIKKOさんに
会いました!
BBクリームではなく、チョコレートのプロモーションを
していたらしい。
『どんだけ~!!』と記念撮影しておりました。。。

さて、その後は待望のブランチ!
明洞餃子のカルグクス
c0216210_11322131.jpg

マンドゥー
c0216210_11325932.jpg

このお店はとても有名店なので、いつ行っても混んでいます。
もちろんカルグクスやマンドゥーは美味しいのですが
こちらのお店で私が一番気に入っているのはキムチ。
キムチはお店によって全く違う味なのですが
この明洞餃子のキムチはまだ浅漬けでヤンニョムがたっぷり。
まだ乳酸発酵された酸味が無いサラダ的なところが良さです。
そして、こちらはキムチも麺もご飯もすべてお代りできるのが魅力。
夫もちろん大喜びです!

そして腹ごなしに明洞を散策。
行きたかったチープコスメのお店にて怪しいクリームを買い。。。
これもまた後ほどアップします。

その後、またポツポツ歩いて南大門まで。
この季節、韓国の気温はマイナス10℃ほど。
体感温度はさらに低くマイナス20℃くらいでしょうか。
寒いというよりは痛いくらいなので、完全防寒が必須です。
私たちはもちろんヒートテックを上から下まで着込み
耳がかくれる帽子にダウンに手袋で散策しておりました。
それでも出てる顔はイタイのよ~。

で、南大門では食べたかった豚足のお料理チョッパルを買い
屋台グルメを満喫。
そうなんです、朝ごはんを抜かしたのは屋台グルメを食べるため。
安くて美味しいものがた~っくさんあるのです。
湯気が魅力的なマンドゥー
c0216210_11342529.jpg

皮がモチモチしていて中の餡にキムチかコチュジャンが
入っているのか辛いの!でもウマい~♡
c0216210_11351050.jpg

4つで2000ウォン(約160円)激安!

そして、甘いお菓子もね。
c0216210_11362987.jpg

何ていうのかわからないけどかるめ焼きみたいで
シナモンシュガーがカラメル状に上にかかっているので
カリッと香ばしくて美味しい。

そして、トッポギにおでん。
c0216210_11371856.jpg

おでんは韓国でもおでんなんだけど『オデソ』って
書いてあった(笑)
たまにわけわからない日本語表記があるのよね。
トッポギはもちろん辛いのだけど、このおでんも
優しい顔して凶暴な辛さ。
トッポギ食べて辛かったからおでんのスープで
舌を休めようと思ったら休まらなかった(汗)

南大門はソウル市民の台所的なところ。
食材はもちろんキッチン雑貨もあります。
私は欲しかったキムチ入れをゲット!

このあと、ソウル駅まで歩いて
c0216210_1156879.jpg

ロッテマートでお土産や食材をたんまり買いました。

ずっと歩いてのお買いものだったので
ちょっとお茶してから、晩ゴハンを食べに
地下鉄で高麗大駅まで。

目的は水木苑という鮑の料理を食べさせてくれるところ。
お店の入口には鮑の水槽。
c0216210_11383577.jpg

名物料理は三合(サマッ)という名前の料理。
鮑と豚の三枚肉の焼肉とキムチを野菜にくるんで食べる
ことから三つを合わせる意味で三合と言うそう。

こ~んなに鮑!!
c0216210_11393651.jpg

全体像がこちら
c0216210_21115439.jpg

そして、これを包んでガブリ!
c0216210_11403697.jpg

うわぁ~鮑ウマっ!し~あわあせ~♡
大好きなエゴマで包む…
包んで巻いて食べる文化っていいよね!

副菜もこんなにたくさんあるんですよ。
c0216210_11421735.jpg

お野菜中心でヘルシー。
ごはんも何穀米かで、もちもちしていて美味しい。
c0216210_11441986.jpg

他にも食べてみようと、トッペギ焼肉というのを注文。
お店の方が言うには汁が多めのプルコギみたいなものとの
ことでしたが、実際のお姿はこちら。
c0216210_11454361.jpg

汁が多めっていうか、汁メインだからっ(笑)
たしかに焼肉は入っているのですが、私が気に行ったのは
この雪だるまみたいな形したお餅。
c0216210_11461744.jpg

モチモチと本当に美味しいの。
あ~モチモチ美味しいなぁと食べていたら
なんと、私ひとりでお餅すべて食べていたようで…。
夫『お餅美味しかった?』と聞くので
私『美味しかったね~♡』と満面の笑みで答えると
夫『ボク食べてないよ、ひとつも…。』
えーっ!?ごめんなさい…。
夢中になると見えない私です(汗)

最終目的地へ向かおうと水木苑の方にタクシーの行き先方面の道路を
教えてもらおうと尋ねたところ、親切にも車で送って
もらえることになりました。

明洞や南大門でも、日本人が困っていると必ずヘルプしてくれる
観光案内スタッフがいたり、駅でも声をかけてくれる人がいたり
ホテルやこういった現地の人が多いお店でも優しい。。。
人の温もりを感じる国だということが今回改めてわかりました。
夫も地下鉄車内でのお年寄りへの席の譲り方などの素早さを見て
儒教の国ってすごいなぁと感動しておりました。

さて最後の目的地、Market O Restaurant & Café Brownieへ
c0216210_11495584.jpg

こちらは私が運営スタッフとして参画しているお店
日本橋箱崎町のBintjeにて販売しているお菓子を
扱っているメーカーさんが経営しているお店。
ウェルビーイングフュージョンレストランとして
新鮮な有機農材料を使用し、素材の美味しさをそのまま活かした
メニューを提供しているレストランです。

私たちのお店ではこちらのブラウニーやクラッカーなどを
販売していますが大人気商品!
特にブラウニーはリアルブラウニーの名前どおり
チョコレート感たっぷりでしっとり美味しいです。

そもそもはこちらのレストランで出していたブラウニーが
とても美味しいことから商品化して小売りを始めたという
ことを聞いていたので、その元になっているブラウニーを
味わいながらのお茶でソウル旅をシメることにしました。

そして、そのブラウニーはこちら…
c0216210_1151120.jpg

なんて、しっとりと濃厚なんでしょう!やっぱり美味しい♡
一緒にオーダーしたカフェラテやコーヒーもたっぷりで
このソーサーがまたかわいい♡スプーンがプリントされているのです!
c0216210_11515539.jpg

こういうところってくすぐられるんですよね~。

店内はこんな風にゆったりと作られている。
c0216210_11534616.jpg

オリジナルのクッションもブラウニー色
c0216210_11545184.jpg

1階がカフェ利用で2階がレストラン利用で別れているそう。
このお店の立地は江南の押鴎亭にあるロデオ通りというちょっと
アッパークラスなお店が立ち並ぶところから近いところ。
お店には駐車場もあり、そこに来る車も高級車。
な~るほど、そういう層が来るところなのね~と言うのも
勉強になりました。

そして、ここからはタクシーで10分もかからずホテルへ。

シメは終わったはずですが、夫はどうしても食べたいものが
あると言うのです。
韓国の海苔巻、キムパップ。
ちょうどタクシーを降りるとすぐそこに食堂があって
テイクアウトの文字が。。。
入って、『キムパッ テイクアウト ハナ、オーケー?』と
英語と韓国語混じりで話すと、ニッコリと笑顔で
受けてくれて用意してくれました。
写真が無いのですが、これがまたウマイ!
普通の海苔巻がこんなに美味しいなんて~♪と
ご機嫌で終えた一日でした。

夫ももう悔いはなし。
でも、また来たいね~と初ソウル体験は満足のようでした。

翌日は雪でしたが早朝にお迎えが来て空港まで。
c0216210_1274183.jpg

そうそうKOREAN AIRのかわいい色をチラリ
c0216210_129862.jpg

飛び立ち
c0216210_1210759.jpg

羽田まで約1時間30分で到着してしまうのです。

そして最後の機内食がこちら
c0216210_12113150.jpg

鶏のコチュジャン焼き、けっこう美味しい。

テーマはちょっとゴハンを食べに遠くまででしたが
本当にたくさん食べました。
アジュ マシッソヨ~!(とても美味しかったよ~!)

でも、まだ食べ足りない…。
またひょっこり行って来よう。
[PR]
by petit-eclat | 2011-01-27 12:13 | 旅&おでかけ

ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅰ

以前、在籍していた会社はまさに食いしん坊の集団でした。
みんな忙しく仕事をしていたのですが、食べて楽しむことには貪欲で。。。
会社を休まずに美味しいゴハンを食べに行くツアーを
後輩くんたちが企画してくれて行っていました、ソウルへ。

2泊3日で金曜夜仕事終わりの羽田発
月曜早朝羽田へ帰国してそのまま仕事へ…。
みんな大した体力です(笑)

ツアコンなみにアテンド上手な後輩くん。
『このツアーではメインの食事は6食しか食べられないから
いかに美味しいものを食べるかが課題なんです!!』と
仕事以上に力強くのたまう後輩くん。
そして、毎回期待以上の美味しいものを食べさせてもらいました。

さて、今回はそんな想い出を胸に…
初めて夫婦で行って参りました。
夫は初ソウル。
どんな美味しいものが食べられるのか
期待に胸を(腹を)膨らませて旅立つのです~!

H.I.S.の初夢ツアーとやらで2011年の記念で
なんと20,110円ポッキリで2泊3日。
しかしながら滞在時間は正味1日の短~いもの。
エアーもホテルもエコノミーですが
ゴハンを食べに行くだけと考えれば十分です。
前出の後輩くんの言葉を借りれば
『このツアーでは3食しか食べられないから
いかに美味しいものを食べるかが課題!!』

旅立ちは新しくなった羽田空港国際線ターミナルから。
c0216210_2171689.jpg

ここどこ?という変わり映えですね!
ちょっと変わった食べ物屋さんも入っていておもしろい。
せっかくだから…と旅立つ前にラーメンせたが屋で鶏塩ラーメン。
c0216210_2181061.jpg

食い倒れツアーの幕開けです。。。

ターミナル5階デッキ
c0216210_2321250.jpg

夕焼けもキレイでした
c0216210_23386.jpg


そして、今回はお初のKOREAN AIRで運んでもらいます。
機体の色がブルーグリーンでとってもかわいいの。
キャビンアテンダントの方たちのユニフォームも
髪飾りまで凝っていてとてもかわいかったです。

そして、機内食はイカの炒め物&やっぱり飲んじゃうビール。
c0216210_2305596.jpg

着いてから食事する予定だから食べるのやめようと
思っていたのにつまんじゃった~。
だってピリ辛で美味しいんだもん!

2時間ちょっとで海と陸の境界が見えて
c0216210_2371477.jpg


で、着きましたよソウルの金浦空港。
そこからバスでホテルまで送迎してもらったのが
ちょうど深夜0:00くらい。。。
今回のお宿はM.BIZホテルという江南にあるアクセスが
良くないビジネスホテル。
今までソウルではデラックスなホテルに滞在していたので
ちょっと心配でしたが、私は国内でも出張でとんでもない
ビジネスホテルに泊まったことがあるのである程度のことは
腹を括っていました。

ところが、ところがです。
このホテル意外に快適~♪
日本語が通じるスタッフが常駐していてとても面倒見が
良いのです。
お部屋もオンドルといういわゆる韓国の家庭の床暖房が
心地よいし、韓国ではあまり用意されないアメニティ類も
ほとんどある。
なかなか気に入りました!
難点はシャワーブースとトイレが一体ということと
シャワーの温度調節が難しいことくらいかな…。

そして、さっそく晩ゴハン(何回目?)を食べに行くことに。
親切なホテルのスタッフ、本当にヨン様みたいにソフトな
話し方をする、キムさんに『サムギョプサルが食べたいんです。』
と、言うと近くで地元の人しかいかないようなところだからと
メニューのオーダーまで電話でしといてくれました。
なので、お店に行くとお店の方にいきなり
『サムギョプサル!』と言われ(笑)
私と夫は首をカクカクと縦に振っておりました。

で、サムギョプサル
c0216210_2343336.jpg

韓国の三枚肉は皮がついたままなので
焼くとカリッとプルプルして美味しいの。
c0216210_2352417.jpg

大好きなエゴマの葉に味噌をぬって焼いた三枚肉をのせて
ネギのヤンニョム和えをのせて生ニンニクスライスをのせて
包んでガブリ!
もう、まちがいない美味しさです♡

そして、ホテルのキムさんオススメのテンジャンチゲ
c0216210_2355692.jpg

いわゆる味噌チゲなのですが、もちろん辛い!
しかしながら後味が酸っぱい感じでクセになる。
夫はすっかりこの味噌が気に入ってしまったようです。

この日は深夜2:00すぎまでのんびり食べて
翌日へ続きます~。
[PR]
by petit-eclat | 2011-01-27 02:54 | 旅&おでかけ

おいしいものの記憶 ~玉英堂彦九郎の玉饅~

おいしいものとそれにまつわる記憶は私にとっては
切っても切り離せない。

そして大切な宝物でもある。

みなさんもありませんか?
これを食べるとこんなことを想い出すというようなことって。

これからはそんなものを食べるときにその記憶を
残しておこうかなぁと思います。

そして、玉英堂彦九郎の玉饅(ぎょくまん)
c0216210_2322533.jpg

直径5㎝で高さも5㎝ほどの大きい薯蕷饅頭。
通常は真っ白ですが1月は干支を描いているそうで、うさぎです。

これ、中の餡が何層にもなってかわいくてメデタイ感じ。
c0216210_2384928.jpg


お味はとにかく上品で口の中にねっとりと入ったかな?と
思うとサラッと溶けていく。
上質な素材が身体に優しく感じられます。

これをいただく時は鉄瓶でお湯を沸かしお薄を点てたくなるほど
私にとっては特別なお菓子。

先日はちょっとがんばった自分へのご褒美に水天宮さんへお参りし
人形町まで足を伸ばして求めました。


初めて玉饅に出会ったのは数年前のこと。
公私ともにお世話になった恩人の方からの返礼でした。

その方が会社の役職を退任する時、お世話になったお礼に
虎屋のお赤飯を贈りました。
お礼の意味合いとして、これから会社を離れての
新しい人生の門出を祝いたいと考えたのです。

はじめは粋な江戸っ子の彼に『行ってらっしゃい!カチーン!!』
という火打石はどうか?などとシャレを利かしたものも考えたのですが
日ごろ彼がそういったお祝いに虎屋のお赤飯を贈っていたのを
知っていたので、よっぽど美味しいに違いないし
ご自分が好きじゃなかったら人へは贈らないだろうと
算段しました。

同じくお世話になった友人と2人、株主総会の後に
速やかに持って帰っていただけるようドライバーさんに
お願いして車に乗せておいてもらうなど
持って帰ってもらうにも一苦労したのを覚えています。

そんな気持ちが伝わってとても喜んでくださいました。

後日、返礼として届いたのがこの玉英堂の玉饅でした。
真っ白でもっちりした大きいお饅頭が箱の中にきれいに並んでいて
手書きの和紙が1枚添えられ
『心のこもったプレゼントをありがとう。』
楽しくダンスしているようなその筆文字を見て
これからの彼の人生もまた楽しく豊かなものであるだろうと
思えました。

そして、玉饅をいただき世の中にはまだまだおいしいものが
たくさんあるんだなぁと思った次第です。

でも、実はまだ虎屋のお赤飯は食べたことないの(笑)
いつか食べられるかなぁ…
そういう食べ物があるのもまた楽しみ♪
[PR]
by petit-eclat | 2011-01-16 03:21 | おいしいものの記憶

威風堂々な…

どら焼き!
c0216210_14354282.jpg

東京浅草雷門の亀十のもの。

昨日、私の好物をと友人がわざわざ足を運んでくれて
手土産にいただきました。

覚えていてくれたんだ…
嬉しいね、ありがとう^^

このどら焼きは遠慮なく甘いです。

甘いんだか甘くないんだか中途半端なことは嫌いでいっ!
ていう江戸っ子の心意気さえ感じます。

でも、その遠慮ない甘さはとても上品で渋い日本茶はもちろん
濃いめのコーヒーにとても合います。

そして、包の紙袋もオシャレさん。
c0216210_14533915.jpg

亀甲模様に十が入って亀十とはかわいい。
そしてお店の地図入りも浅草だから絵になる。

どら焼きの堂々とした風貌をみて
私ももっと堂々としようと背中を押されたのでした。

やっぱり食べ物に動かされるのね、私(笑)
[PR]
by petit-eclat | 2011-01-12 14:56 | おいしいものの記憶

松の内が明けて

2011年も美味しく気持ち良いスタートを切ることができました。

まず新年会は夫の実家にて家族が集まり、恒例のすき焼きパーティー♪

私たちは準備を手伝う事を口実に朝早くから行き
嫁いでからすっかりファンになった夫の母が作る
白味噌のお雑煮をいただきました。
c0216210_15183813.jpg

母が言うには、関西から関東に来てからずいぶん経つので
お味も具材も混ざっているのよ
とのことですが、私には優しいお味のこのお雑煮が
たまらなく美味しいのです。

実家の母が作る東北のお雑煮は色々な根菜や高野豆腐を
千切りにしてセリが入るおすましの具だくさん田舎雑煮。
東京の祖母が作っていたのはシンプルな具材の関東風雑煮。

色々な味を楽しめる人生になって良かった~!と
心から思う、食いしん坊であります。

そして、御節は石川県の加賀屋のもの。
c0216210_15194054.jpg

うーんゴージャス!
私は珍しいホタル烏賊の黒作りに舌鼓を打ちつつ
日本酒をいただき、すっかり良い分。

その後、初詣に深大寺へ行き深大寺蕎麦を横目に見ながら
第2ラウンドのすき焼きに向けて腹ごなしをしたのでした。

恒例のおみくじは…
夫が大吉&私が中吉。
よしよし、運気も上々!

その後、夫の兄夫婦と昨年生まれたかわいい甥っ子くんを
待ちながらすき焼きの準備をしてすき焼きパーティーへ
突入したのでした…。

さて、翌日は家で私の作ったお雑煮を食べて、のんびりのんびり…
我が家のささやかな祝い膳はこんな感じ。
c0216210_15423285.jpg

黒豆は昨年同様に年末にコトコト煮たもの。
なますと田作りは私の父が年末にたくさん作って
毎年わけてくれます。
父の田作りは本当に美味しくて、これを食べると
お正月だなぁという気分になります。
そして、今年初めて作ったのがタタキごぼうと松前漬け。
ごぼう2本分つくったのでけっこうたくさんできたのですが
ポリポリ気がつかないうちに食べてしまいました。
これはまたゴボウが余った時など常備菜として作ろうと思います。
松前漬は極めて簡単!
ご飯のお供にもなって美味しいです。

そして、松の内の最後の締めは七草粥。
幼いころからの習慣なので、これを食べないとお正月気分が抜けません。
我が家ではお粥というよりも具だくさんのお雑炊なのです。
c0216210_15574657.jpg

実家の母に電話をして、今年も朝から七草にしたよと
話すと、私の幼いころのおもしろエピソードを話してくれました。

小学校低学年のころのことだそうですが七草粥を食べて学校に行き
友達に話したところ食べたことがないから食べてみたいという
友達が多数。
その友達を4~5人引き連れて家に帰り、母にみんなが食べたことないから作って
食べさせて欲しいと頼んだそうです。

そのエピソードはまったく覚えていないのですが
たしかに食べ物の好き嫌いが多い子などに美味しく食べる方法などを
教えるのが好きだったりした…。

食べ物についての関心はそのころには芽生えていたのですね。

さてさて、ブログを見てくださっているみなさま
今年も私の仕事や日々のことちょっとずつ綴ってまいりますので
お付き合いくださいませ。

昨年末にワインのインターナショナル資格を取得することができたので
今年はそれをステップにやりたいこともあります。
おいおいブログでもご紹介できたらいいな。

今年も皆様にとって口福な1年でありますよう…。
[PR]
by petit-eclat | 2011-01-08 16:08 | ひとりごと