<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

番外編~学んだおみやげ~

今回はソウルのロッテマートで買い物したものはEMS(国際スピード郵便)
で送ったと書いたのですが、初めて送ったのでちょっぴり不安。
でもね、ちゃんと届きましたよ3日後に。
c0216210_11242276.jpg

コレは良いサービスだと思います。

少ない時間で観光に制限がある場合には買い物を営業時間中に
済ませなければいけないスケジュールを組むと、その後荷物が重くて
どこにも行けないということがあります。

過去にそういう経験あり。
そして、ムリして重い荷物を持って歩くと疲れて不機嫌になる(笑)
自業自得なのに。。

でも、そんな心配がいらないのが良いですね。

私の荷物でだいたい10キロくらいだたのですが、液体も入ってプラス6,000W
入れても42,000Wくらいだったように思います。
今回はタクシーも使わなかったし、交通費と思えば良いでしょう。

買ってきたものの一部ですが…
c0216210_11375866.jpg

Market O はかわいいからついつい手が出ちゃう。
チョコレートも普通に美味しいのですよ^^

コレな~に?
c0216210_11481148.jpg

韓国ではお得意のラッププレイ(笑)
c0216210_1149786.jpg

液体物はこうやって来るのね!

今回、ガイドさんから教わったこととして
ロッテマートでは安価にたくさんの買い物できるのは良いのだけど
卸している品質は同じメーカーでも安価用に作られているとのこと。
だから、お菓子や日用雑貨はいいけどその他は必要なものだけにした方が良い。
韓国ではアウトレットもそうで、それはそういう国であると理解してくださいと
言われたのです。
そんなこと言ってくれた人ははじめて!
私がありがたいなぁと思うのはマイナス情報もきちんと与えてくれること。
その事も加味して自分の中で取捨選択すれば良いのだから。

私は韓国海苔が大好きだからロッテマートでは買わずロッテ百貨店で
詰めたての皇室のりをいつも買うのです。
竹塩という手間のかかる塩の製法で作る海苔は割高だけど美味しいし
差し上げるのでも自分が美味しいと思わないとね。

コスメについても教わりました。
明洞の路面店にあるお店は免税ではないので、代わりにおまけをたくさんつけて
得したように思わせるけど、実はいらないものもけっこうあるはず。
だから、免税店で買った方が最終的にはお得だということ。

たしかにその通りだ!と思いました。
明洞のコスメ通りにはおもしろいものたくさんあるけど
それも選んだほうが良いかもしれません。

私は今回は明洞には半日もいられなかったので、免税店で済ませました。
ちゃんと交渉して自分が欲しいと思うおまけはいただいてきましたよ(笑)
[PR]
by petit-eclat | 2012-05-23 11:55 | 旅&おでかけ

ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅳ

ちょっとやり始めたことがあったら頭が疲れてしまったので;^^
ラストスパート書いちゃいましょう。

最終日は明洞でピックアップしてもらって空港まで行ける様に
ツアーガイドさんと交渉。
また、ホテルまで帰ってくるとタイムロスですからね。
おかげで明洞でふらふら過ごす事ができました。

朝イチは昨晩コンビニで買っておいた飲み物。
c0216210_0581666.jpg

韓国って飲み物などのパッケージがけっこうオシャレでかわいい。
しかし、中身の美味しさとの比例はなんとも言えない(笑)
私はデンマークカフェラッテミントに惹かれて飲んでみました。
うんうん、ミント爽やかだね。
でも、きっと次は買わないでしょう(笑)
隣のヤクルトの大きいようなものはバナナ牛乳みたいなものでした。
ハングル読めないから何となくカスタード系のお味か?と想像したのだけど
見事にハズレ!
何だかわからないものを買って試すのもおもしろいものです^^

まずは明洞へ向かい、朝ごはんを食べに神仙ソルロンタンへ。
ここはドラマの舞台にもなっていたらしく知る人ぞ知るところらしいけど
私は初めて来てみましたよ。
c0216210_19353.jpg

韓国ってスープだったりお粥だったりはあまりハズレはないと思う。
この神仙ソルロンタンもチェーン店だけど普通に美味しい。
そして、キムチが有名だと聞いていたけど、そうなかなか美味しい。
今回のキムチ大賞にはならなかったけど次点でしょうかね。

この後ロッテ百貨店に向かい、いつもの大好きな韓国海苔と
免税でコスメをいくつか買いました。
探していたIKKOさんオススメのブラックパールのバブルマスクとか
かたつむりのゲルマスクとか胎盤を使ったゲルマスクとか
そのものを聞くとおどろおどろしたものを美容に使うソウルだけど
日本からブレイクするものも多いそうです。
地元の方たちが多く使うのは「雪華秀(ソルファス)」というシリーズだそう。
こちらは結構高価です。
でも、韓国の方たちはお顔のお直しなどは別にして肌がとってもキレイ。
皆が口をそろえて言うのはそれなりにお金と時間をかけているからですって。

ハイ、美への道は努力だそうですよ!

ランチは大好きな明洞餃子へ~と思っていたのですが13:30過ぎて
行ってみたら大行列ができていて!
あえて、少しずらした時間で行ってみたのに残念><
こちらはカルグックスが有名なんですが、私はとーっても辛い浅漬けのキムチが
大好きで…。
今回はやむを得ず踵を翻し、ロッテ百貨店のフードコートで食べてみることにしました。

行ってみるとここも地元の方ばかり。
注文の仕方がわからない…。
でも、人の動きを見ていると、真ん中にいわゆる注文センターみたいなのがあって
壁際に色々なお店が並んでいることがわかり、まずはお店を見て食べたいものを
探してから注文に行くのだ!ということがわかりました。
そして、注文をするとポケベルみたいなのをくれて自分の注文したものが出来上がると
手元でピーピー鳴るという仕組み。
日本のフードコートでも使われていますよね。
そして、今回食べて無かったので私は汁なし冷麺。
c0216210_1301433.jpg

すっごく辛いのですがさっぱりと美味しかった!
夫はどうしてもカルグックスが食べたかったみたいなのですがマンドゥが入った
何がしかを頼んでしまい…でも美味しかったです。
残念ながら写真が無いのですが。。
c0216210_1322464.jpg

キムパッもね、食べてみました。
コレを食べて思ってしまったのです。
このキムパッの方が具材がはるかに多いし太いのですが
前日に食べた麻薬キムパッの方が何百倍も美味しい!!!
あーまた食べたいよ~麻薬キムパッ!
と恋しくなってしまったのでした。

のんびりご飯を食べてデザートにエッグタルトとくるみのタルトを買い込んで
ガイドさんと約束したピックアップ地点に行き空港へ。

今回の飛行機、アシアナさんが待っていましたよ。
c0216210_1354990.jpg

空港ではけっこう時間があったので先程買い込んだおやつを食べてお茶して
免税品を受け取ったり、仁川空港が初めてな夫は探検したりして過ごしました。

最後の機内での食事。
c0216210_138230.jpg

あのー正直言ってこれは行きの時よりもいただけない感じだったのですが
ビールはいつも機内で出てくるものと違ってモルト効いてて美味しかったです(笑)

今回は思い残したこともあるので、またリベンジの旅
早く行きたいなぁ~♪
[PR]
by petit-eclat | 2012-05-23 01:41 | 旅&おでかけ

ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅲ

今回の旅の目的で夫の歴史探訪とともに私がやりたかったこと。
それは、梨泰院での靴のオーダー。
日本円で言うと10,000円前後で好みのデザインや皮の種類
ヒールの高さまでカスタムでオーダーできるんですね。
女子には嬉しいお話しです^^

梨泰院はファッションの街なのでかわいいものたくさん。
でも、私はオーダーが目的ですから他を見ないように競走馬のごとく
ブリンカーをつけられたようにまっしぐら~♪

と、ところが!そのお店に行ってみると改装中。
梨泰院モールシューズ!必ずやリベンジするぞ!!と心に誓ったのでした。

よって、ちょっとお茶してから早めのお夕飯に向かいました。
地下鉄新大方駅から近い、トゥンナムチプというお店へ。
ここね、日本語表記が無いので探すのは難しいか?と思ったのだけど
なんとなく行けるもんだね!
c0216210_1730347.jpg

そして、店内に入るとこれまた韓国語のみ。
まぁ仕方ない、そんなディープなお店に行きたかったのだから^^
でも、お店の方がとっても優しくて注文もスムーズにできましたよ。
私たちが食べたかったもの、それはコリチム!
c0216210_17315091.jpg

牛テールの蒸し煮なんです。
ぷるぷるコラーゲン大好きな私とお肉好きな夫にはうってつけ!
コレをたっぷりなニラとネギが入ったタレと一緒にむしゃむしゃ食べるのです。
c0216210_1739108.jpg

手に持ってむしゃむしゃ。
美味しい!ウマイ!!
お肉も蒸し上がった後にごま油サラッとかけられてるのかな?
ゴマと生の唐辛子もふってあるけど。
そして、このニラとネギの入ったタレが絶妙!!
c0216210_1738640.jpg

これだけでご飯3杯はたべられるんじゃないかと思います。
ホントにね、日本じゃ食べられません。
牛テールってけっこうお高いんですよね。
こちら、こんなにおかずも付いてきてナント!
c0216210_17353914.jpg

48,000ウォン~(博多華丸さんのトーカ堂北社長のものまね風に…笑)
この時のレート1W≒0.073円なので3,504円ですね。
そして、ここで今回の旅の中で「美味しいキムチ大賞」が出ました!
このカクテキ!!
c0216210_17461819.jpg

すっごく美味しいんです♪
ゴロンと5センチくらいの幅で半割になった大根。
辛い旨い!!
壺ごとかかえてお土産に持ち帰りたかったくらいです。
こちらのお店では日本人は私達だけでした。
他は地元の方たちが同じようにコリチムを食べに来ていて結構な繁盛店。
お店の方たちは先にも優しいと書きましたが、本当に優しくて
私達に次々と話しかけてくれ食べ方の世話や夫にサイダーまでサービス!
明朗会計が終わった後も珈琲を飲んで行きなさいとアフターまでサービス(笑)
カムサハムニダー!

お腹いっぱいになった後はソウル駅へ行き、恒例のロッテマートで
干物系の食料品お菓子などをお買い物。
今回はこちらで買ったものはEMS(国際郵便)で送ろうと思っていたので
液体物も構わず買えます。
液体物をEMSで送る場合には送料+6,000ウォンかかりますが
それでも、EMSの送料は安い!3日後には届きますしね。
そして、そんなこんなしていると時間はアッと言う間に経ってしまうものです。

小腹が空く→もちろん食べる!
この後はまたまた超ディープエリア広蔵市場へ夜食をいただきに。
ここは東大門の一角にある市場で昼間は布やレースやボタンなどを小売
してくれるところでもあります。
小売と言っても布はヤード単位だそうですが
手芸好きの方はぜひ行ってみると良いですよ~♪

で、市場の屋台がまたスゴイんです!
夜21:00過ぎくらいでこんな感じ。
c0216210_17414182.jpg

お祭りですか?というくらいのにぎわい(笑)

今回、事前に調べて夜食にしたかったもの、それは…
麻薬キムパッ!
麻薬って?麻薬って??麻薬って???どういうことなの?と
思うじゃありませんか。
とにかくこの市場の中はごちゃごちゃしているので方向おんちの私には
全くわからないのですが、夫はしっかり東西南北のわかる人。
西の入り口に近い南の奥らしい…という情報だけで見つけましたよ(笑)
c0216210_1743244.jpg

本当に麻薬って書いてあるよ!
そして、コレがその麻薬キムパッ様2,000ウォン。
c0216210_1744568.jpg

いっぱい入っているのに安い。
ちょっと写真がボケボケなのですが、普通の細いのり巻きではないか?
c0216210_1745313.jpg

でもね、食べると
うん、なんだか普通に美味しいよね。。
うん、美味しい。
しかし、止まらない。
本当に止まらない。

そっか!自然に手が伸びて食べちゃうわけね♪
たしかにペロッとあんなにあった海苔巻は無くなってしまいました。
また、食べたいか?
あの素朴で真似できそうだけどできない味。。
翌日にはもう食べたくなりましたよ(笑)
だから麻薬なのね!!

せっかく市場に来たのだから他にも屋台で何か食べたいね~と
気になるもの発見!!
c0216210_181928.jpg

チヂミ?と思ったら緑豆を石臼でひいたものを使った韓国風のお好み焼き
ピンデトッと言うそうです。
c0216210_182961.jpg

生玉ねぎの入ったタレに漬けて食べるのですが外はカリッと中はフワッと。
うん、つまみっぽい感じね。でも、そこまで美味しいと言えないかな。
油っぽいのが苦手な人はちょっと難しいかもね。
しかし、緑豆をドロドロにしたものが元だから身体には良さそうよね。
c0216210_1831276.jpg

屋台で食べてるとオバチャンが目の前でざくざく切ったキムチを
お皿にのっけてくれます。
お値段は4,000W、これもけっこう量があるのにお安い。

と、ここで日本語ができる食品メーカーの方と遭遇。
試作だと言うマンドゥをご馳走になる。
うーん吉田類さんの酒場放浪記を思い起こす感じ。
私はこういう触れ合いもこういう雰囲気も好きなんだなぁ。。
「アタクシ汚いところでは食べられませんの。」という方はムリです(笑)

そして、屋台でのんびりしつつ2日目の夜は更けていくのでありました。
[PR]
by petit-eclat | 2012-05-22 18:03 | 旅&おでかけ

ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅱ

2日目は行きたいお店の営業時間に合わせて(笑)起床。

ソウルで公開されている古宮、景福宮のすぐそばにある
大好きな参鶏湯のお店「土俗村」へ。
c0216210_2248635.jpg

外観も昔の貴族が住んでいた様なお家でなかなか良い佇まいなんです。

しかーし!玄関脇には鶏の丸焼きがグルグル回っているではありませんか。
c0216210_22483962.jpg

当然のことながら夫の視線を釘づけ!!
最初は参鶏湯だけのつもりだったのに見事に注文しちゃいました(笑)
c0216210_22491429.jpg

トンタッという料理名だそうです。
パリっと焼けてて普通に美味しいけど、私はコストコの丸焼きの方が好きかも
なんて元も子もないこと言ったりしてね(笑)

お約束のキムチ&カクテキ。
c0216210_2250684.jpg

ソウルに来ると私は「今回はどこのキムチが美味しいか大賞」を
決めるのですが、えーと…ココではありませんでした(笑)

グツグツと参鶏湯登場!!
c0216210_2254618.jpg

初めてソウルを訪れた時の最初の食事がコレでした。
その時の衝撃的な優しい美味しさを忘れられません。
こちら、超有名店なんですがやっぱり美味しい…優しい…
身体がぽっかぽっかする~❤
色々と身体に良さ気なものが入っておりますが
一番の驚きはゴロっと朝鮮人参。
c0216210_2255121.jpg

すごい大きさ!

朝鮮人参は店内にもディスプレイされております。
c0216210_22561397.jpg


客席はオンドルになっていて下からも参鶏湯で身体の中からも
じっくり温められて、本当に気持ち良い。
店内に中庭めいたものもあってつつじが咲いていたりして
のんびりできる所です。
c0216210_22593273.jpg


今回は食べてばかりじゃなく、観光もちょっと…
と思って近くの景福宮に行こうと思っていたのですが
この日は事前調べで休館日とわかっていたので景福宮の離宮
昌徳宮へ行きました。

お恥ずかしながら、ソウルへは何度も訪れているのですが
夜の観光以外したことがなく…(笑)
歴史好きの夫となら行っても楽しいかなぁと行ってみましたよ。

*昌徳宮*
c0216210_2313957.jpg

こちらは1997年にユネスコ世界遺産にも登録されている
美しい古宮です。
c0216210_2324591.jpg

また、日韓併合の橋渡しをした日本の梨本宮家から嫁ぎ
大韓帝国最後の皇太子李垠の妃となった李方子(まさこ)様も
この宮殿で暮らしていたそうです。

参鶏湯を食べてから無料で日本語ガイドしてくれる時間にチケットを
買って門の前に行きますとガイドさんが待っていてくれます。

韓国ドラマの歴史物に出てくる儀式のシーンなどで「王様~!」と
家来たちがひれ伏すシーンがすぐそこに。
c0216210_2333460.jpg

歴史ある昔から床暖房=オンドルが発達している。
c0216210_2341185.jpg

ところどころにあるコレは排煙するための煙突の役割だそうです。
やはり寒さからなんだろうなぁと昨年訪問した時にマイナス15℃を
経験して思ったのでした。

そしてコレが世界遺産となった橋のかえる?
c0216210_2353658.jpg

パワースポットらしいので2人で写真も撮りました。

装飾された内装がまた日本とは趣が全く異なり美しいです。
c0216210_2363584.jpg

c0216210_237971.jpg


ガイドさんの説明がすごく良かった。
c0216210_237497.jpg

韓国の方ですが丁寧な日本語と美しい声が印象的で
言葉に微笑がある人って好きです。

歴史的背景として日本は韓国を侵略した国。
きっと、普通に韓国を訪れる日本人はそんなことは忘れているでしょう。
お恥ずかしながら私もそうでした。
今回の旅では歴史をもう一度思い起こす良いきっかけの旅でもありました。

素敵な梅の花に心奪われていると…
c0216210_2383619.jpg

「あー!桜咲いてる~♪」という日本人の声がして
本当に日本人ですか?と聞いてみたくなったりして。
[PR]
by petit-eclat | 2012-05-21 23:09 | 旅&おでかけ

キンカンの日

ソウルのことを綴ろうと思っていたのですが
ちょっと挟みたくなりました(笑)

今朝は世紀の天体ショー金環日食でしたね。

実は私たち夫婦はそれほどまでに興味は無かったんですよ。
だから、夫もいつもどおり朝7:00過ぎにはウォーキングに行ってしまって。
でも、ベランダの日差しがどことなくいつもと様子が違う暗さに変わった時
身体がムズムズしてきて、東の空がよく見える中庭に1人ダッシュしていました(笑)

当然、そんななので日食グラスなど持っていなかったのですが
同じマンションの方々が次々と貸してくださりハッキリとその姿は
見ることができましたよ♪

でもね、私が最も感動したのは金環日食そのものではないのです。

ダッシュして中庭にかけつけた時
青々とした芝生の中で何人もの人が太陽の方を向いている姿
その姿に何とも言えない神々しさがありました。

幾代の昔、人は太陽を神としてあがめていたのですものね。
その原始の姿のようなものを現代で見ているような気がしたのです。

今朝はその澄んだ空間に一番感動を覚えておりました。

私が撮った1枚は大きな桜の樹の木漏れ日が壁に映っていまして。
それがとてもおもしろくて^^
c0216210_10325426.jpg

[PR]
by petit-eclat | 2012-05-21 10:33 | 空間

ちょっと遠くまでごはんを食べに…Ⅰ

ずーっと更新が滞っていたので少し前のお話しになります。
夫とごはんを食べにソウルへ行ってきました。

今回は成田からアプローチ。
初のスターアライアンスメンバーアシアナ航空にて。
最近は羽田の印象が強いので成田ってなんだか寂れてしまいましたようで。。
早めにチェックインしたのですが、あんまりおもしろくなかったかな。
免税店も特に欲しいものがあるわけではないのですっ飛ばしましたしね(笑)

で、早速の機内食
c0216210_1524526.jpg

むむっ?コレなんだったけかな?
あー!そうそう到着してから食事しに行くから
あんまり食べないでと思っていたのだけど
ビールのつまみにピリ辛のエビが美味しかったんだ!
そして、コチュジャンがエクストラで付いてきてくれるなんざ
さすがお国の航空会社だね!と感心したのでした(笑)

そしてお隣の国の陸地が見えたぞ~!
c0216210_1534733.jpg


仁川空港に着いて入国審査が済んだらすぐに両替。
そうなんです、手数料フリーの銀行やネットからの割引チケットを
入手できることと、今はレートの良さから両替は絶対に現地でを
オススメしますよ。
今回はH.I.S.のエアー&ホテルのツアーで行ったのですが
初めてのこととしては、添乗員さんが素晴らしかったこと!
いつもはオバチャンがやってきてホテルまでのバスの中
オプショナルツアーの申込についてイヤというほど
説明聞かされるのですが私には全く興味が無い。
でも、初めての人たちは申しこんじゃうんだよね。
それが格安ツアーの原資にもなっていると思うといたしかたないけど。

ところが、今回の添乗員さんはスーツ姿のパリッとしたお兄さんだった!
この人がとても良かったのは余計なセールスはしないことと
誠実にこちらが聞きたいことを教えてくれること。
それから、日本人を相手にビジネスをしているからこその「サービス」
という意識をきちんと持っていること。
今回は私たちだけの専用だったこともあるとは思うけど
彼にはとても感謝しています。

そして、今回も明洞からは地下鉄一本ながらも距離のあるノウォン駅そばの
ノブレス観光ホテルへチェックイン。
ソウルへの旅行目的はリゾートじゃないのでホテルのクラスは
このくらいでいいと私は思ういます。
グレードの高いホテルに泊る必要なく、快適に過ごせれば良いのよ
ほとんどホテルに居ない旅の目的なんだから。
ただし、次回は明洞にしようと固く決意をしたのであった(笑)

それからお食事~♪夫はサムギョプサルを食べたい~♪
と、言うわけで事前に調べて行ったのだけどホテルでも同じところを
紹介されたので、安心してGO!
c0216210_1603624.jpg

早速焼かれていますよ~♪三枚肉!!
c0216210_162161.jpg

相変わらずのおかずもたくさんでジュウジュウ~♪
c0216210_1623936.jpg

あちらではたいていお店の方が焼いて下さるのでありがたいのね。
後は巻いて巻いて~♪食ーべるだけー♪
c0216210_1641153.jpg

この時、たぶん深夜1:00くらい。
元気よくお腹いっぱいにしたのでした~(笑)
[PR]
by petit-eclat | 2012-05-20 16:04 | 旅&おでかけ

季節のごはん

初夏を迎えるとベランダにはもう一つのお楽しみ。
ハーブがわさわさ生えてくること!

我が家にはミント・チャイブ・セージ・タイム・ローズマリー・カモミール
大葉にみょうが…好きなものだけ育てています(笑)

さっそくその恵みを一番好きなお肉の食べ方でいただくことに。
c0216210_1521837.jpg

豚の塊肉を塩してからハーブとオリーブオイルでマリネ。
ちょうどこの時期でてきた新ニンニクも半割にして一緒に。

なんだかハーブの車ができたみたいでかわいい♡

低温のスチームオーブンで1時間ほど焼くと…
c0216210_1534821.jpg

お肉はぷるんぷるんで切り口は薄桃色ですが
低温調理の特徴としてしっかり火は入っています。

ニンニクがとろりと焼けているのでお肉につけてソースにします。
c0216210_1554921.jpg

うまい~!!
夫の歓声が嬉しい(笑)

最近、創作する気力が無かったのですが
きっとだいぶ体調が戻ってきたのでしょう。

私のバローメーターなんだなぁ…
つくづく思う今日この頃です。
[PR]
by petit-eclat | 2012-05-19 15:07 | おうちごはん&素材

季節のうつりかわり

不本意ながら体調を崩して数週間。
風邪は万病の元という言葉をこれほどまでに
感じたことはありませんでした。

次から次へと表れる症状に身体がついていきません。
みなさんもどうぞご自愛くださいね。

そんな中、確実に季節は移り変わり…
我がベランダガーデンも私の大好きな季節がやってきております。

朝、目覚めて寝室のカーテンを開けると
c0216210_1454955.jpg

目に飛び込んでくるこの光景がまぶしくて
再びベッドに横になって見入ってしまいます。

急ぎ足でやって来た薔薇の季節は
クラウンブルーを皮きりにあちらこちらで美しい花姿を
見せてくれています。
c0216210_1414417.jpg

今年もピエール・ド・ロンサールの美しい姿。
c0216210_14162823.jpg

一番花が今日咲ききりました。
c0216210_14165833.jpg

ドアップも美しい…羨ましい…(笑)

昨年からアーチに仕立てていますが
c0216210_14184124.jpg

やっぱり外向いちゃいますよね。
11階の外っていったい誰が見てくれるんだろう(笑)

小さな子たちも可愛く咲いています。
c0216210_1429629.jpg

そして昨年から育てている多肉ちゃんなのですが
すっかり大きくなってお名前通り薔薇みたいなデ・ローザ。
c0216210_1430186.jpg

私のお気に入りです。

薔薇の他にも
c0216210_14311552.jpg

寄せ植えエリアではワインレッドのクローバーにかわいいお花。
そして混沌としてふわふわの寄せ植えがたまらなく好き♡

今年もたくさん蕾がついているオリーブ。
c0216210_1436472.jpg

今は近所にオリーブを持っている人がいないので
結実しないんだけど。。

房咲きする薔薇で咲ききっているものは花首で摘まなければいけない。
花首を漬けておきたいけどどうしようか?
瓶じゃいつも通りでつまらないなぁ…
そうだ!コレを使おう!!
c0216210_14375885.jpg

マフィンの焼型にぽんぽん入れてみました。
薔薇のマフィン仕立て♡
食いしん坊な夫婦のテーブルを飾ってくれています。

これからは遅咲きのつる薔薇、エメ・ヴィベールや木立ちのキャラメル・アンティーク
そして、今年新入りさんで2009年にデルパールから生まれたフレンチローズの
ブリーズが咲いてきます。

素敵なお花達に囲まれると、その癒し効果からか
自然治癒力も増していくように思われます。

また、ベランダの移り変わりお伝えしていきますね~♪
[PR]
by petit-eclat | 2012-05-19 14:42 | お花&お庭

ねこワインとmuguet

イベント・オーガナイザーを仕事にしている
お友達から素敵なご依頼がありました。

イベントのパーティーで使うワイン。
そのイベントはねこつもと言って、テーマはねこ・ネコ・cat♡
素敵な作家さん達がねこに関わる作品で参加しています。

私も無類のねこ好きなので、テーマを伺った時にふと以前
扱ったワインを想い出したのです。

そこで、画像をツイッターでアップしたところ
気に入っていただいたのがこちら。
c0216210_2126146.jpg

*Voyou de Katz / Clément Klur (白猫)
*Gentil de Katz / Clément Klur (黒猫)
白猫と黒猫のエチケットがかわいいアルザスが産地のワイン。
このワインの名前がまたおもしろいんですよ。

白猫さんのおすましな表情から見て、優しそうに見えるでしょ?
ところが不良猫という意味のヴォワイユー・ド・カッツなんですって!
対照的に黒猫の方がちょっと人相悪目なんですが
優しい猫という意味のジャンティ・ド・カッツだそうな(笑)

白猫のワインのセパージュはシルヴァネール60%、リースリング25%、
ミュスカ15%。平均樹齢40年の樹から収穫した葡萄からできた
ワインです。
レモンやグレープフルーツなどの柑橘系果物やスモモを思わせる爽快なアロマ。
酸が豊かで、すっきりとした味わいの辛口ワインです。

黒猫のワインのセパージュはピノブラン50%、ピノ・グリ25%、
ゲヴュルツトラミネール25%。こちらも平均樹齢40年の樹から収穫した
葡萄でできたワインです。
実はこのワイン、優しいという意味の「Gentil」とアルザスの伝統的呼称に
おける「gentil」(50%以上貴品種を使用したブレンドワイン)をかけています。
小さい白い花やバラ香水、ライチ、桃、杏子などを思わせる華やかな芳香。
豊かなコクがあり美味しさが口いっぱいに広がる、半甘口~中辛口ワインです。

やはりワインは産地ぬきには語れない。
なぜそのワインがそこで生まれるのか…
テ・ロワールからその土地に想いを馳せる…
ワインの魅力の真髄だと私は思います。

そして、もう1本同じ造り手さんのクレマン。
c0216210_21441533.jpg

*Crémant d'Alsace Brut Cuvée Manekineko  / Clément Klur
このエチケット、招き猫なんですよ!
造り手のクリュールさんが来日した時に土産物屋で招き猫に出会い
「人を招く」という意味をとても気に入ったそうで、今でもドメーヌの
試飲用スペースに飾ってあり、ラベルデザインをアレンジした
特別なキュベだそうです。だから名前にもマネキネコ(笑)

フランスのシャンパーニュ以外の地域で造られる発泡性ワインのことを
クレマンと言い、アルザスはクレマンの銘醸地でもあります。
このワインのセパージュはピノ・ブラン60%、ピノ・オーセロワ40%。
両品種ともに、樹齢40年以上の古樹のぶどうのみで造られています。
柑橘系の爽やかな香りがそのまま味わいにも表れていて
豊かな酸味とほんの少しトースティな芳香が心地よいワインです。
c0216210_21552642.jpg

昨日発送する日は、フランスではすずらんの花言葉「幸せの再来」を願う
jour de muguetの日。
3匹の猫と共にイベントの大成功を願ってmuguetを背景に撮りました。
c0216210_2211890.jpg


************
イベントは5月1日~6日まで神保町Spin Galleryにて開催中。
ねこ好きな方、明日からのGW後半にぜひ足を運んでみてください♪
詳細はねこつもHPをご覧くださいませ。
************
[PR]
by petit-eclat | 2012-05-02 22:11 | ワイン